転職

退職代行とは?漫画でわかりやすく説明!確実に退職する方法を伝えます

 

かず
かず

こんにちは。

ブラック企業に入社して、1年目の冬に一度転職を試みるも失敗!(会社を辞められなかった)

3年目に再度挑戦して成功、ホワイト企業へ転職できた「かず」と申します。

だんだんと認知度の高くなってきた「退職代行」について本日はご紹介します。

今回の紹介ポイントはこちら!

◇退職代行ってどんなサービス?

◇退職代行を使えば必ず辞められる?

◇気になる料金や頼み方

 

わかりやすく漫画でも説明していきますので、力を抜いてご覧ください!

 

退職代行ってどんなサービス?

「会社を辞めたくても辞められない人の味方」が退職代行です。

誰にでも会社を辞める権利があります

しかし、中には辞めるためにかなりエネルギーを使わなければならないような職場もあります。

・上司が話をいつまでも引き延ばす
・人がいないからダメだと止められる
・おどされる
・辞めると伝える勇気がない

次の職場で働きたいけれど、そのステップに行けないという人向けです。

退職代行の種類

退職代行には、主に2種類あります。

 

退職代行(民間サービス)

今回の記事で取り上げているのは、民間の退職代行です。費用はピンキリですが、3万円から5万円が相場ですね。

かず
かず
どんな会社があるかは次のステップで紹介します!

 

 

弁護士・弁護士法人の退職代行

弁護士の場合のサービス内容はこちら。

費用はかかってしまいますが、目的が違うためです。

弁護士に頼む場合は、例えば・・・

・辞めることはできるが「辞めるなら給料は払わない」と言われる。

過剰な残業に対する請求をして辞めたい。

有給を確実に消化させたい。

というように、労働法関係で問題のありそうな場合に有効な手段となります。

弁護士の相談費用を5〜10万としていますが、残業代や給与を請求して勝ち取った場合に「成功報酬」を支払う場合もあるので要確認です。

ちなみに、そういった「給与の請求や有給の申請について」企業と交渉できる権利をもっているのは、弁護士や弁護士法人だけ。

民間の退職代行はあくまで、あなたの代わりに企業へ「会社を辞めます。必要書類を渡すので、そちらも手続きをお願いします」と伝えるサービスです。

みい
みい
えっ、伝えるだけなら辞められない場合もあるんじゃないの!?

 

その心配は無用です。冒頭で伝えた通り、誰でも「会社を辞める権利」が与えられています。

 

 

かず
かず

辞められない職場というものは、この世に存在しません。

ただ、辞める時のゴタゴタを仲介してくれるのが退職代行なのです。

 

 

みい
みい
できることなら自分で責任を持ってやりたいけど、その勇気がない時には良いかも、、

 

 

料金や頼み方は?

民間の退職代行サービスもどんどん増えています。大切なのは「どのサービスを利用するか」です。

中には質の悪い代行会社もあるとのことですので、お金は多少かかっても「大手の」退職代行サービスに依頼するのが良いでしょう。

今回は、2つの退職代行会社について見てみましょう。

 

退職代行「EXIT」

まずは大手の退職代行サービス EXIT(イグジット)

とりあえず迷ったら、こちらに相談してみるのが良いでしょう。

ポイントは以下の通り

□相談した即日から対応してもらえる(深夜でも対応)

□会社への連絡不要!(退職届の提出や賞与品の返却は郵送)

□転職サポートもしてくれる

相談してからすぐに対応してもらえて、会社への連絡も不要というスマートさ。それが良いか悪いかは別として精神的な不安は少なくて済みます。

ワークポートという大手転職サービスとも提携しているので、退職後のアフターフォローもバッチリ相談できます。

依頼の流れ

①まずは電話かメール相談
②対応が決定したら振込
③退職代行

料金は、正社員・契約社員は5万円。アルバイト・パートさんは3万円です!

 

さっそくEXITに相談してみる!(無料)

 

退職代行「わたしNEXT」

こちらは日本初の女性向け退職代行サービス わたしNEXT

創業から14年の実績のある退職代行サービスです。

ポイントは以下の通り

□女性特有の悩みに対応可能

□転職お祝い金5万円(要問合せ)

□即日対応・もしもの場合の全額返金100%

LINEでの問合せにも対応しているので、相談しやすいですね。

料金は、正社員・派遣が29,800円。アルバイト・パートは19,800円。

返金保障と書いてあるけど、実績は100%なので安心です!

わたしNEXTに相談してみる!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、退職代行についてどんなサービスなのか分かったと思います。

注意点としては、漫画でもお伝えしたように「民間の退職代行」の場合は

会社を辞める意思をあなたの代わりに伝える

というサービスです。給料の交渉などは弁護士でなければ法律上できません。

 

その代わり、今回紹介した「EXIT(イグジット)」と「わたしNEXT」はどちらとも実績100%で利用者はすぐに辞めることができています。

辞めたいけど、伝える勇気が出ないという人にオススメなサービスとなっています。

まずは相談してみてはいかがでしょうか?

 

転職に関する記事をまとめました!こちらもぜひご覧ください。

20代の転職について成功までの過程をまとめてみた!【保存版】 今回の記事では、僕の過去記事を見やすくまとめた内容となっています。 転職を思い立ったきっかけから、成功した時の話ま...
かず
かず
あなたの転職がうまくいきますように!