転職

【微ブラック】新卒入社した会社で学んだこと【営業マンって素晴らしい】

 

 

かず
かず

こんにちは、かずです。

 

今回は、新卒入試した1社目について

・どんな会社だった?

・働き方は?

・そこで学んだこと

・転職に活かせたこと

この4つについて紹介します。

 

【この記事から学べること】

・新卒入社する先のことは「よく調べよう」

・どんな会社でも学べることがある

・本当に入りたい会社は、社会人を経験してからで良い(自論)

 

Applen
Applen
それでは、3分ほどお付き合いください!

 

微ブラックだった1社目、どんな会社だった?

 

僕が大学(文系)を卒業して、初めて働いた会社は「排水処理をする機械のメーカー」でした。

【業界】建築業界
【部署】営業
【社員数】500名ほど

※排水処理業界ではトップメーカーでした。

黒字経営でしたし、給料面は悪くありませんでした。

 

かず
かず
あとで詳しく話しますが「ホワイト企業」ではありませんでしたけど。。

 

なんで排水処理メーカーに就職した?

 

僕はもともと高校生では理系クラス、大学4年間は文系という学歴です。

大学生の頃は、とにかく今の自由な時間の間に何かしたい!ということで【海外ボランティア】に力を入れていました。

かず
かず
NGOの学生支部に入ってたよ!

 

内容としては、海外の貧困地域で現地のワーカーさんや家に住む方たちと一緒に「家を建てる」というものです。

こんな感じで、生コン作りしたりレンガを積み上げたり「1から」作り上げます。

とは言っても、2週間くらいの時間なので、いくつかのチームに分かれて行ったり他の支部の団体と協力して分担していました。

体調管理やチームミーティングなど、大変なことも多かったですが一生モノの経験です。

大学生のうちに、海外には4ヵ国行くことができました。

その中で強烈に感じたことが1つありました。それがこちら・・・

海外のトイレ環境、めっちゃ悪くね!?!

貧困地域がメインだったこともあり、そもそもトイレ自体まともな設備が無いとか、水洗ではないとか、虫が多いとか、、、

日本に帰国したあと、空港のトイレに入ると

かず
かず
あ、日本のトイレって住めるんだ(ダメ)

 

と、いつも思っていました(笑)

 

そして就職へ

 

大学生3年の後半からはゼミも始まることもあり「日本のトイレはなぜこんなに綺麗なのか」という事について打ち込みました。

日本のトイレ文化を調べたり、各地のトイレを巡って調査したり、市役所で話を聞いたり、トイレ業界の権威の方とお会いしてインタビューしたり、それはもう「トイレまみれな1年」でした。

かず
かず
教授からも「ここまでトイレについて学んだ学生を見たのは初めてです」と言われるくらい、、、。

 

そんなこんなで就職の時期。

TOTOにでも入社するかと思いきや、僕は水処理の会社を選びました。

理由は「日本のトイレが綺麗なのは美しい水が潤沢」だから。

海外に行ったことの無い人でも想像できると思いますが、水を飲んでお腹を壊すことも当たり前にあります(軟水だとしても)

 

ふくてん
ふくてん
水に注意しても、氷が原因で下痢したりとかな!

 

日本のトイレだけでなく、国そのものを支えているのは「豊富な水資源」なんですね。

 

Applen
Applen
豊富だからといって無限ではありませんよね。

 

僕は「水を守りたいという理念」を掲げている会社(1社目のところ)で就職を決めました。

志望動機は誰にも負けない自信があったので、当然の如く内定しました。

 

かず
かず
嘘の志望動機を作ったことは過去1回もないですね、、。

 

どんな働き方だった?

 

冒頭でも話した通り、会社自体は【微ブラック】でした。

 

かず
かず
ブラックとは言いませんが、ホワイトでもなかったですね。

 

先ほど、カイシャ評判のサイトで見てみたら評価は「59点」でした。

 

ふくてん
ふくてん
なんとも微妙な、、、

 

1日のスケジュールはこちら!

 

かず
かず
営業マンだった僕の1日のスケジュールはこんな感じでした。

 

6時 起床
7時15分 出社
〜8時20分 前日終わらなかった仕事/メールチェック/1日のスケジュールチェック
8時30分 始業(朝礼+ラジオ体操)
〜9時45分 細々した仕事
10時 外出(絶対に10時までに外出)
〜17時 営業時間(1日10社目安)
〜17時半 営業報告や見積もり作成など
17時半 定時
残業 (各自、差が大きい)

 

かず
かず

遅い人は終電までやってたね。

僕はその日中でやる必要のないものは朝に回して帰ってたから19時くらいが退社時間だったかな。

 

 

どんな営業をするの?

 

10時には必ず外出し、17時まで戻ってくるな

これが東京支店の1ルールでした。

入社当時に、東京支店の鬼課長から以下のように言われたことが今でも忘れられません(笑)

 

鬼上司
鬼上司
お前ら、名刺は何枚あるんだ?
かず
かず
(最初に与えられた)100枚ですね!
鬼上司
鬼上司
少なすぎる。今すぐ1000枚追加発注しろ!!
かず
かず
(ふぁ!?)
鬼上司
鬼上司
上司の命令は「サー、イエッサー!」で即やれ!
かず
かず
(あかんところ来たな)

 

これはマジな目で言ってました。

どうやら毎年の通過儀礼のようです(笑)

 

営業はほとんどがルート営業(決まったお客さんへの営業)で、持ち客は100社ほど。

[営業相手]

ゼネコン・サブコン・設計事務所

[営業相手の部署]

設計部/設備部・購買部・たまに工事部

[営業相手の特徴]

基本的には決定権のある人を対象にしているので、少なくとも【課長】以上。年齢層高め。

 

むち君
むち君
BtoBってやつだね!

 

[理想の営業流れ]

①設計部に『排水処理の必要な施設の計画』がないかヒアリング

②案件があるので、設計部や設備部と仕様の打ち合わせ

③社内設計チームと組んで図面起こし

④提案

⑤うちの製品を建築設備図面に入れてもらい、提案一旦終了

⑥購買部と金額詰め

⑦金額決定

⑧工事部と納期や工事スケジュール調整

⑨社内工事チームに案件引き継ぎ

⑩工事完了(完工)後、入金確認

 

かず
かず
こんな流れを、並行して20〜30件くらい!

 

単価の大きな話なので、一つの案件が完了するまでは半年〜1年くらいかかります。

あとは、競合もいるので『金額調整』に苦労したり、そもそも設計図が他社で入っていた場合には『機器のスペックや金額』でひっくり返すように頑張っていました。

 

かず
かず
とにかく、案件相談を早い段階からもらえるようにキーマンとなる人と関係を結んでおくことが大切!

 

【ここで学べたこと】

いくら製品が良くても、案件相談をもらえていなければ意味がない

どうしたら早い段階から相談をもらえるのか考える力がついた(※)

(※)あいつに相談すればすぐに解決すると思ってもらえるように[相談されたら即リプ]を徹底していました。

あとはパフォーマンスを上げるためにも、残業はなるべくしないようにしました。

そして、接触回数を増やすことも重要でした。

毎度オリジナルの情報(新聞的な)をもって行ったり、相手の好きな話題に関する本を読んだりして雑談にのぞんだり。

年上の人(特におじさん)から好かれやすいタイプだったので、そこはラッキーでした!

あと自慢にならないですけど、おばさんからめっちゃモテるタイプです。お菓子たくさんもらいます(笑)

 

転職に活かせたことは?

 

僕は就活をしている時から「営業マン」をずっと志望していました。

人と話すことが好きな性格だったことが一番の理由です。

これからも営業のある仕事をメインに生きていきたいと思っています。

僕がこの会社で初めて営業マンとして仕事をして「何を得て、何を転職に活かせたのか」考えてみました。

 

相手の反応を見るのが楽しい

 

営業マンの醍醐味(やりがい)のひとつとして

お客さんの反応がダイレクトでわかる

というものがあります。

自分やチームの提案が、お客さんにとって有益だったのかどうか

表情や口調からも読み取ることができます。

そして、提案が有益だった場合には「感謝」という形で返ってきます。

これは、利益以上に嬉しい報酬です!

 

数字を追いかけるストイックさ

 

営業マン=数字

いろいろなドラマや漫画で、営業マンは数字に苦しめられるイメージがあります。

でも、営業を楽しんでいる人のほとんどは「数字」をクリアすることをゲーム感覚で楽しんでいるんだと思います。

メンタル面で成長を感じられることもありますが、数字はひとつの成長指標としてわかりやすいものです。

達成するためには、「何を誰にどれくらい売る」のかを考えて営業しました。

月によっては跳ねない(売れない)時もありますが、種まきの時期だと思えば耐えられます。

会社から与えられた数字以上に達成させてやる!というストイックさは1社目で身につけられました。

 

かず
かず
インセンティブは無かったけどね、、、

 

人間関係

 

やはり営業マンたるもの、人間関係の構築が重要です。

嫌だなぁと思う人でも、うまく対応できる術が必要ですよね。

イライラする相手に対して、あなたができることについて記事にしました!

営業マンは事務作業を、社内の方にお願いすることも多いです。

そのお願いの仕方ひとつでも、周りからの評価は大きく変わります。

僕はひとつのアイデアとして、面倒な仕事や忙しい時にお願いしてしまった時には【お菓子】を買って渡しました。

 

かず
かず
もちろん、お菓子を渡したから良いよね?なんて態度は取りません!

 

これは事務員さんの仕事だから」という態度は絶対に取らないようにしました。

社内営業といえば、上司や他の部署(僕の場合は設計部の人)への営業も大切です。

 

上司への営業

 

新人のうちは(新人でなくても)絶対にミスはします。

僕は(ミスしたな)と気づいたら即効で上司に報告するように心がけました。

早ければ早いほど、対応できることも多いですし隠そうとすれば後々酷い目に遭うことは確実です。

それに、新人が「やばい」と感じるミスでも、経験豊富な上司であれば「適切な対処法」を知っていますからね。

 

かず
かず
課長や次長、あの頃たくさん助けていただきありがとうございました!!

 

他部署への営業

 

提案資料の作成には、設計部の力が必須でした。
ですが、短納期でお願いをすることが続けば良い顔をされません。

設計部とも円滑に仕事が進めるように心がけたのは「納期調整」です。

お客さんの希望する納期は、もちろん早ければ早い方が嬉しいと思います。

ただ、お客さんの言いなり(または良い顔をしようとして自分から)短納期で仕事を受け続ければ【良質な営業】は不可能です。

たまに、営業が話を持ってこなければ会社は潰れます、と態度の大きな人もいます。

それは間違いです。

今までの考えに共通していますが「他人のパフォーマンスも大切に」調整できる営業マンが一番カッコいいと思います。

 

転職に活かせたこと

 

営業マンには明確な資格はありません。細かく見ればあるのかもしれませんが。

でも、だからといって誰でも営業マンになれるわけではないですよね。

僕は転職に活かせたこととして「人間関係の構築」を挙げたいと思います。

自分も大切に、社内のチームワークも大切に、そしてお客さんとの関係も大切に

それが出来れば、3年目の営業マンとしては上出来じゃないかな?と思っています。

あと、良くある「自分の良いところは」という質問には

・人間関係の構築が得意

・とにかくポジティブ

ということを答えています。

 

かず
かず
ここまで読んでくれた優しい方なら、なんとなく頷いてくれると信じています(笑)

 

まとめ これからのこと

 

まとめパートとして「これから社会人になろうとしている方に向けたメッセージ」と「自分のこれから」についてお話します。

 

これから社会人になる人へ伝えたいこと

 

大学生から社会人になると、生活も物事の考え方も大きく変わる(変わらなければいけない)んですが

これだけは守る!

というマイルールを持っておくと良いですね。

僕は「とにかくポジティブに楽しむ」です。

そうは言っても、3年以内には会社を辞めたい時期が来ます。

 

そんな時に支えてくれる仲間や家族を大切に。信頼関係を日頃から作っておくことが重要です。

辛いことなんていくらでも生まれるので、踏ん張れる要素が必要です。

 

あと、最初の一年は仕事だけではなく「社会人としてのルール」も学ぶ必要があります。

自論ですが、本当に入りたい会社には数年別の会社で働いて耐性をつけてから転職するのもアリだと思います。

せっかく志望したところに入社しても「新卒の洗礼」で辞めたくなってしまうのは勿体ないです。

 

Applen
Applen
3年も働けば、耐久力は上がりますからね、、。
かず
かず
とにかく、やりがいのある仕事を見つけて楽しんでください!

 

これからの展望

 

最後になります。

僕はいま、2社目に転職して1年が経ちました。

この1年は「ブログと歩んだ1年」です。

 

かず
かず
転職と同時にブログを始めたからね!

 

ブログ運営をしていくうちに、どんどん楽しくなってきて【WEB業界で働きたい】と思うようになりました。

好きなことをして【プライベートも仕事も】WEBのことで埋め尽くしたいです。

そして、【自分自身がコンテンツとなれるような】プロとしての仕事をしたいです。

そんな想いで転職活動中です。

 

(2020年3月7日追記)

なんとこの3ヶ月後!Webコンサルタントの会社から内定をいただきました!

嬉しいです。

そこで学んだことを皆さんにも還元できるよう、頑張ります!!

未経験者がWeb業界に転職するならエージェントに頼るのはNG【最適な利用法】あなたがもし「未経験の業界+業種」へ転職しようと思ったら【転職エージェント】に頼り切るのはNGです。理由は、転職エージェント側の報酬制度にあります。1番最適な利用法についても解説します!...

僕のTwitterはこちら!

 

Applen
Applen
ありがとうございました!
ABOUT ME
かず
ふくてんねっと運営(ブログ開始11ヶ月で10万/月) 【経歴】ブラック企業で3年疲労 ▶︎ ホワイト企業へ ▶︎ ブログにハマりWEB業界へ転職:未経験でも挑戦できることを証明! ツイッターでメンションつけて感想をくれたら、必ず反応します!